2016/04/25

HOME > ニュースリリース > 2016/04/25

地元朽網のお祭り「曽根の神幸祭」に協賛しています

                     神幸祭                

 

弊社では、お世話になっている地元のお祭り「曽根の神幸行事(開作神事)」に協賛させていただいております。

曽根の神幸行事について少しご紹介させていただくと、
享和3年(1803年)に竣工した曽根新田が、文化14年(1817年)の暴風雨によって空前の被害を受けたために、鎮守として綿都美神社が造営され、文政2年(1819年)に五穀豊穣、風鎮汐留祈願の大祭を行ったことが始まりとされます。

1台の山車が「提灯山」「幟山」「人形飾山」へと三様に変化する形式をもつ祭礼は、北九州市内では「曽根の神幸行事」のみです。
曽根地区および朽網地区から7台の山車が参加する「曽根の神幸行事」は、北九州市の無形民俗文化財に指定されています。

       

        

                   ↓↓↓↓神幸祭の詳細はこちらから↓↓↓↓         

              神幸祭バナー