2014/02/10

HOME > ニュースリリース > 2014/02/10

「北九州の底ぢから」に掲載されました

  北九州の底ぢから          
北九州市市政50周年の記念事業のひとつとして出版された書籍「北九州の底ぢから」に掲載されました。書籍の概要は下記のとおりです(北九州市制50周年記念事業実行委員会HPより引用)
「北九州の底ぢから」=現場力が海図なき明日を拓く=
著者 長妻靖彦様 出版社 石風社 定価3,500円(税別)
平成25年3月に終刊を迎えた月刊誌「ひろば北九州」では、2001年4月から2013年2月の12年間、北九州地区の主要企業、中堅企業、ベンチャー企業から主要経済団体のトップの皆さんなど延べ128人にご登場いただき、経営戦略、ビジョン、地域経済の活性化作、経営哲学、信条、趣味などをざっくばらんに伺い、紹介してきました。
これらのインタビューは、次の50年の新たな成長軌道へのスタートラインに着く北九州経済の現状と課題も総括し、次世代への教訓に満ちた貴重な証言でもあります。
 今回の出版にあたっては、重複などを除いた100人のインタビューを産業別に再編するとともに、新たに北橋健治市長、末吉興一前市長、利島康司北九州商工会議所会頭へのインタビューも追加、さらに北九州経済の概要、年表なども加え充実致しました。
 「日本の現場」であり、「日本の未来」といわれる北九州地域の課題は、日本の課題です。刊行により、北九州の経済、産業、技術の全体像と潜在力が明らかとなります。地域と産業界が地元経済の浮揚にいかに取り組んできたか、今後どう展開しようとしているのかを理解していただき、地域経済、ひいては日本経済のあり方への関心を高める契機となることを期待しています。