環境への取り組み

HOME > 会社案内 > CSR活動 > 環境への取り組み

社内の取り組み

当社では、環境負荷の少ない事業活動を推進し、主に以下の内容について継続して取り組んでいます。
  • CO2の排出量を削減するため中期計画に基づいた省エネルギー活動、排出する廃棄物量の削減
  • 廃プラスチックの排出量を削減するためのリデュース活動
  • 社内設備のエネルギー生産効率の改善
  • 社内の廃棄物の分別を行い、ゼロエミッションを継続(埋設型廃棄物ゼロ)
  • 有益な環境側面への積極的な取り組み
  • 環境配慮型製品の拡販
  • クールビズ・ウォームビズなどの社内啓蒙
活動の風景
設備の排熱を循環し再利用
設備の排熱を循環し再利用
中庭緑化
工場2階の中庭緑化
廃プラスチックのリユース・リサイクル
社有車のハイブリッドカー

環境方針

株式会社陽和は、豊かな地球環境を次の世代へ継承することが人類共通の重要課題であることを認識し、フッ素樹脂の成形加工およびエンジニアリング プラスチックスの加工を中心とする企業活動を通じ、以下の方針にもとづいて、環境負荷の少ない事業活動を推進し、地域および地球環境の保全に努めます。
1. 事業活動、製品およびサービスが環境に与える影響を的確に捉え、技術的、経済的に可能な範囲で環境目的、目標を定めて、環境汚染の予防に努めるとともに、環境パフォーマンスおよび、環境マネジメントシステムの継続的向上を図ります。
2. 環境に関する法規、条例、協定および当社が同意するその他の要求事項を遵守します。
3. 当社が行なう事業活動の各分野において、次の項目を環境保全活動の重点テーマとして、継続的な環境負荷の低減と環境汚染の予防に取り組みます。
(1)エネルギーの効率的な利用に努め、温室効果ガスの削減を推進します
(2)リデュース、リユース、リサイクルの推進により、廃棄物の排出量を削減します
(3)環境化学物質の管理強化と使用禁止の継続を図ります
(4)有益な環境側面について積極的な活動を行い、環境負荷低減に努めます
4. 環境方針達成のため、環境目的・目標を設定し、全従業員が一丸となって改善活動を推進します。また、この環境目的・目標を定期的に見直し、必要に応じて改定します。
5. 全従業員及び当社のために働く全ての人々へ環境方針の理解と環境に関する意識向上のため、教育訓練・啓蒙活動を行い、知識や技能の向上を図ります。また、仕入先などの取引業者に対しても必要に応じて環境方針を周知し、理解と協力を求めます。
6. 環境方針及び環境活動の内容は、ホームページを用いて外部へ公表し、社会とのコミュニケーションを図ります。
初版制定 2002年9月1日
第4版改定 2011年9月1日
株式会社 陽和
代表取締役社長 越出 理隆
 

環境目標

地球温暖化対策 CO2排出量の5%削減』


当社は、2003年度より環境方針に基づき、環境活動に取り組んできました。
現在は、2014年度よりそれ以前のCO2排出量の実績に対し、5年間で5%削減することを目標に掲げ、
各部門で計画を立て活動を行なっています。
【環境活動例】
・生産性の向上による電力量削減
・不適合品発生件数減少によるムダの削減
・ソーラー発電設備の導入
・LED照明など省エネ機器の導入推進
                  …など  
 

ISO14001認証取得について

2003年2月7日 本社工場にてISO14001の認証取得を行ないました。

ISO9001ロゴ.jpg
ISO14001:2015 
認証番号:00694-2003-AE-KOB-JAB

 

 

COOL CHOICE への賛同

■COOL CHOICEとは

環境省が2015年7月から実施しているもので、世界に先行して低炭素社会を実現するために、
世界に誇る日本の省エネ・低炭素型の「製品」、「サービス」、「行動」などを積極的に生活の中に取り入れ、
気候変動対策及び温室効果ガス削減をテーマにした国民運動です。

COOL CHOICE.jpg
                                                    ↑これが、「COOL CHOICE」統一ロゴマークです


■当社はCOOL CHOICEに賛同し、身の回りでできるエコ活動も行なっています

・使用しない時間帯(昼休等) 照明のオフ
・夏場の暖房便座、ウォシュレット、手洗い用温水器の電源OFF
・カーシェアリングの活用(東京営業所)
                                                      …など