陽和の「和」

HOME > 会社案内 > 陽和の「和」
陽和は、フッ素樹脂に特化した独自の「技術力」を深化させる事とともに、従業員個々人の「人」と、その個々人が持つ特徴・能力を融合する「和」についても大切にしています。その「技術力」と「人」の両輪の力強い推進力により、企業の競争力を高め、会社の発展をめざします。
目次

「和」に関する施策・取り組み

職場レクリエーション

各部署内のコミュニケーションを図り、職場を活性化する目的で始めた職場レクリエーションは、温泉、観劇、ちょっとリッチな食事会、足を伸ばした日帰り旅行等、みんなで楽しめるレクリエーションを職場単位に企画し、費用は会社負担にて毎年1回実施しています。実施後に写真をふんだんに掲載した各職場の報告書の掲示も楽しみのひとつになっています。
職場レクリエーション
職場レクリエーション

2019職場レクリエーション・健康増進チャレンジによる健康職場大賞発表(8月1日)

『創業65周年記念☆変革と挑戦』をテーマに14チームが健康増進企画を立て、ドキドキの「健康増進チャレンジ」と楽しさ満載の「職場レクレーション」を実施しました。

健康増進チャレンジは、個人またはグループで週3日以上習慣にできる目標を掲げ、8週間の継続活動となります。

2019年の健康職場大賞は、各部署の代表者投票により成形チームが受賞しました。

【2019健康職場大賞 優勝】

成形チーム

チームの紹介:PTFEの素材成形と溶着加工を行なう年齢層も幅広い総勢19名の陽和一の大所帯のチームです。

■健康増進チャレンジ

 活動例紹介:年の差49歳ペアの目標『1日5,000歩歩く』

  会社の周り・会社内を朝6:50から開始&昼食後もすぐウォーキング。

  結果、お腹も凹み胃腸の調子も良好に☆歩数も平均11,000歩/日達成!!

  健康推進チアリーダーが、大所帯全員のモチベーションを上げるために個人個人に目標と記録用紙を作成し配布する工夫も◎

 

■職場レク『秋吉台洞窟探検&元乃隅神社観光』

  山口県の秋吉台国定公園の南麓地下100mにある日本屈指の大鍾乳洞「秋芳洞」に行ってきました。
  洞内には一般コースと道中険しい探検コースがあり、女性や高齢者には少し大変かもと思いましたが、ほとんどのメンバーが
  探検コースに挑戦!!
  ハシゴで岩登りと、最初から難関・・・。しかし皆で手を取り、助け合いながらクリア。
  洞内はひんやりとしていて風景も幻想的。身も心も思いっきりリフレッシュ☆

 

  元乃隅神社はあいにくの曇りでしたが、日本一入れづらい賽銭入れにも挑戦!!

  賽銭箱に入れば何でも叶うパワースポットらしく、挑戦した意気込みだけでもパワーをもらえた一日でした。

 
 

2018職場レクリエーション・健康イベント大賞発表(7月2日)

今年は、『身体を動かして、楽しさや爽快感を味わおう!!』をテーマに11チームが様々な企画を考え、
爽やかな汗と笑顔満載のレクレーションになりました。
健康イベントは『コツコツ継続チャレンジ!!健康ウォーク』と題して、4月7日~5月20日の43日間、
1日に8,200歩を週2回、最終の第3クールは週3回のクリアを目標に部署ごとにチャレンジしました。
部署の全メンバーが全クールの目標をクリアしたら、副賞として健康グッズを贈呈。
健康イベントの得点と、各部署の幹事さんの投票による職場レクのポイントを加算して、
2018年の栄えある優勝は、総務・営業チームです。

【2018職レク・健康イベント大賞 優勝】
総務・営業チーム 『平尾台 洞窟探検隊!』
チームの紹介:我が社のリーダー・社長と人事・経理などの広範囲な仕事をしている総務課、
西日本を活動拠点としている営業部の男性4名、女性5名の総勢9名のチームです。

企画内容
  平尾台にある観光化されていない鍾乳洞の洞窟探検に挑戦しました。
  全員初めての洞窟探検に半端ない不安感に襲われながら、覚悟を決めいざ出発!
  洞窟の中は、暗黒の世界。ヘルメットについたヘッドライドの灯りとガイドさんだけが頼り。
  足の感覚が無くなるほどの冷たい水の中を歩き、天井と地面すれすれの高さをほふく前進で移動し、
  人の頭ほどの穴をくぐり抜け、9名全員で地上の光を見たときは、安堵と達成感ですがすがしい気持ちに
  なりました。汗まみれ、泥まみれの後は、小倉で冷たいビールと美味しい肉なべで盛り上がりました。

   

社員旅行

社員親睦会の一大イベントといえば社員旅行。行き先は様々、泊まりあり、日帰りありで、仕事では接点の少ない社員同士が大いに親睦を深める良い機会です。特に5年に一度の周年記念の年は、会社からの補助金も大幅増額となり、リッチに海外旅行もアリです。
  • 2019年 北海道と日光・東北 (2グループに分かれ、極寒体験と世界遺産観光)
  • 2016年 大分&熊本黒川温泉 (日帰り組と宿泊組で熊本地震復興支援を兼ねて)
  • 2014年 沖縄とマカオ(2グループに分かれ、美ら海とカジノを満喫)
  • 2010年 京都&滋賀(古都を訪ねて)
  • 2008年 鹿児島指宿温泉&宮崎(大河ドラマ篤姫の舞台を訪ね)
  • 2007年 広島安芸の宮島(世界遺産の宮島厳島神社観光と大宴会)
  • 2006年 熊本菊池温泉&天草(天草でイルカウオッチング)
  • 2005年 山口萩温泉(松蔭神社で幕末の志士に思いを馳せました)
  • 2004年 冬の北海道2泊3日(スキーと流氷と毛蟹にロマンを求め...?)
職場レクリエーション
社員旅行

社員親睦会イベント

各春にはお花見、冬には忘年会を社員親睦会が主催して行っています。
毎回、趣向を凝らしたゲームやビンゴ大会などの企画で大いに盛り上がります。
また社員同士で、休日や終業後にフットサルやテニス、はたまたサバゲーまで、和気あいあいと活動しています。
社員親睦会イベント
社員親睦会イベント

周年記念行事

5年毎に周年記念行事を行ない、永年勤続者の表彰とイベントを開催します。
50周年は、社員・OB・来賓での記念パーティ。55周年はリーマンショックの厳しい企業環境の下、お金をかけずにみんなで一体感を得られる企画として、職場対抗手作り料理対決「リストランテ陽和」をメインとしたパーティを開催。60周年は、家族を招待しての工場見学会とパーティを開催し、陽和の今を切り取ったビデオクリップを製作しました。
周年記念行事
周年記念行事

福岡paypayドーム年間シートでホークス応援

福岡paypayドームの年間指定席を会社負担で購入し、地元球団福岡ソフトバンクホークスを社員同士や家族連れで応援しています。応援がメインか、スタンドで飲む生ビールがメインかは別にして、休日の試合は大人気で、チケット争奪抽選会が行われます。
ヤフオクドーム年間シートでホークス応援
ヤフオクドーム年間シートでホークス応援

「人」に関する施策・制度 ワークライフバランス

男性従業員の育児休暇取得推進

従業員が仕事と育児を両立させ、充実したワークライフを送れる環境づくりを推進しています。特に男性従業員の育児休暇取得を推進し、2020年2月に初めて取得して、その後も継続しています。また、子供の学校行事への積極的な参加のための有給休暇を取得しやすい風土づくりに取り組んでいます。

~ 育休取得男性従業員の紹介 ~  

     
        写真をクリック.jpg
美化活動 北九州市「花の景観づくり」への参画 土屋④.jpg

長時間労働の排除

長時間労働排除の取り組みとして、各職場、各人の月間・年間の時間外労働時間の管理や、定時退社日の設定や実行など実施しています。また、有給休暇の全社一斉取得日による年間休日の増加や、有給休暇取得推進のための施策を行なっています。それにより、有給休暇の取得率は、製造業の平均を大きく上回っています。
陽和有給休暇取得率 71.4%、厚生労働省発表製造業平均 52.4% (2020年度実績)

従業員の健康管理

従業員の健康維持を支援するため、年1回の健康診断を実施しています。35歳以上の従業員については、本人の選択により会社の費用負担にて「日帰り人間ドッグ」の受診ができます。何らかの所見が見られた従業員には、産業医や保健師が、直接本人に事後措置の指導や相談を行なっています。

メンタルヘルスケア

従業員の心身両面の健康維持に取り組んでおり、厚生労働省の指針であるセルフケアの実施と産業医またはメンタルヘルスカウンセラーによるフォローを実施しています。また、メンタルヘルスカウンセラーによる「心の相談室」を毎月開催し、希望者による相談を行なっています。

ワークライフバランス表彰の受賞

当社の人に関する施策・取り組みが評価され、2012年11月に北九州市より、第6回「北九州市ワークライフバランス表彰」企業団体部門の市長賞を受賞いたしました。
ワークライフバランス表彰の受賞
ワークライフバランス表彰の受賞

その他福利厚生の制度

中小企業退職金共済制度

中小企業退職金共済制度に加入し、会社負担にて退職金を毎月積立。

入院見舞金給付

病気ケガ等で万一の入院、死亡時に給付金が受けられるように、会社負担にてかんぽ生命の簡易保険に加入。

労災上乗せ補償

労災死亡事故の場合、国の保障に上乗せできるように会社負担にて保険加入。

従業員持ち株会制度

勤続年数により従業員持株会に入会し、出資に応じた会社の株主となれます。

エンジョイホリデー制度

従業員の家族旅行に対して、費用の一部を会社が補助します。

財形預金

従業員の財産形成のため給与天引きによる財形預金を行い、加入者に対し、会社から毎年1回利子補給を行っています。