陽和の「和」

HOME > 会社案内 > 陽和の「和」
陽和は、フッ素樹脂に特化した独自の「技術力」を深化させる事とともに、従業員個々人の「人」と、その個々人が持つ特徴・能力を融合する「和」についても大切にしています。その「技術力」と「人」の両輪の力強い推進力により、企業の競争力を高め、会社の発展をめざします。

「和」に関する施策・取り組み

職場レクリエーション

各部署内のコミュニケーションを図り、職場を活性化する目的で始めた職場レクリエーションは、温泉、観劇、ちょっとリッチな食事会、足を伸ばした日帰り旅行等、みんなで楽しめるレクリエーションを職場単位に企画し、費用は会社負担にて毎年1回実施しています。実施後に写真をふんだんに掲載した各職場の報告書の掲示も楽しみのひとつになっています。
職場レクリエーション
職場レクリエーション

職場レクリエーション2017大賞発表(8月1日)

2017年職場レクリエーション「私もやりたい健康増進」 大賞発表
今年は、日常のストレスや運動不足をみんなで楽しく解消し、より健康になりたい!
毎日の生活に運動を取り入れている人は、さらに健康に!
そうでない人は、これを機会に健康的に!との事で、今年の職レクテーマは『健康増進♪』
各チームが様々な健康的な企画でチャレンジし、全10チームの幹事さんに私もやりたいと思う視点で、
大賞にふさわしいチームを投票してもらいました。
その結果、32票を獲得し第2位のチームに大差で優勝した射出BS製造グループを紹介します。

【2017職レク大賞 優勝】
射出BS製造グループ  『関門海峡ぶらぶらウォーク!』
チームの紹介:男性4名、女性4名の総勢8名で、加工、成形、検査を行うオールマイティチームです。

企画内容
   門司港駅をスタートし、関門トンネルを歩いて海峡を越え、本州山口県下関へ。
   平家ゆかりのパワースポット、色鮮やかな赤間神宮を参拝し、唐戸市場でラインチタイム♪
   市場ならではの新鮮で美味しいお寿司や海鮮丼を堪能し、9400歩 6キロを完歩しました。
   参加メンバー全員心地よい疲れと達成感を胸に帰路につきました。

職場レクリエーション2016大賞発表(7月6日)

今年も、各部署が様々な企画を考え、職場レクで初夏の楽しい一日を過ごしました
各部署の職レクレポートの写真でのあふれんばかり笑顔を見て充実感が伝わってきました
今年は「自分も参加したい企画」という視点で大賞を選出しました
10チームの各幹事による相互投票で選ばれた上位2チームを紹介します

【2016職レク大賞 優勝】
東京営業所チーム 東京ディズニーシーでアトラクション、ビュッフェ&お酒をエンジョイ♪
チームの紹介:男性4名、女性2名、平均年齢○○歳のチームで東日本地区の営業を担当しています

企画内容
  日ごろお世話になっている女性の意見を尊重し、今年15周年の東京ディズニーシーに即決定!
  かぶり物でおどける普段では見られない営業マンに周囲はドン引き
      アトラクションでは、知らない一面を披露する○○さん(驚)
  夜のパレードやお酒を飲みながらの食事・・・大人のディズニーシーを満喫しました

社員旅行

社員親睦会の一大イベントといえば社員旅行。行き先は様々、泊まりあり、日帰りありで、仕事では接点の少ない社員同士が大いに親睦を深める良い機会です。特に5年に一度の周年記念の年は、会社からの補助金も大幅増額となり、リッチに海外旅行もアリです。
  • 2016年 大分&熊本黒川温泉 (日帰り組と宿泊組で熊本地震復興支援を兼ねて)
  • 2014年 沖縄とマカオ(2グループに分かれ、美ら海とカジノを満喫)
  • 2010年 京都&滋賀(古都を訪ねて)
  • 2008年 鹿児島指宿温泉&宮崎(大河ドラマ篤姫の舞台を訪ね)
  • 2007年 広島安芸の宮島(世界遺産の宮島厳島神社観光と大宴会)
  • 2006年 熊本菊池温泉&天草(天草でイルカウオッチング)
  • 2005年 山口萩温泉(松蔭神社で幕末の志士に思いを馳せました)
  • 2004年 冬の北海道2泊3日(スキーと流氷と毛蟹にロマンを求め...?)
職場レクリエーション
社員旅行

社員親睦会イベント

各春にはお花見、冬には忘年会を社員親睦会が主催して行っています。
毎回、趣向を凝らしたゲームやビンゴ大会などの企画で大いに盛り上がります。
また社員同士で、休日や終業後にフットサルやテニス、はたまたサバゲーまで、和気あいあいと活動しています。
社員親睦会イベント
社員親睦会イベント

周年記念行事

5年毎に周年記念行事を行ない、永年勤続者の表彰とイベントを開催します。
50周年は、社員・OB・来賓での記念パーティ。55周年はリーマンショックの厳しい企業環境の下、お金をかけずにみんなで一体感を得られる企画として、職場対抗手作り料理対決「リストランテ陽和」をメインとしたパーティを開催。60周年は、家族を招待しての工場見学会とパーティを開催し、陽和の今を切り取ったビデオクリップを製作しました。
周年記念行事
周年記念行事

ヤフオクドーム年間シートでホークス応援

ヤフオクドームの年間指定席を会社負担で購入し、地元球団福岡ソフトバンクホークスを社員同士や家族連れで応援しています。応援がメインか、スタンドで飲む生ビールがメインかは別にして、休日の試合は大人気で、チケット争奪抽選会が行われます。
ヤフオクドーム年間シートでホークス応援
ヤフオクドーム年間シートでホークス応援

「人」に関する施策・制度 ワークライフバランス

従業員の健康管理

従業員の健康維持を支援するため、年1回の健康診断を実施しています。35歳以上の従業員については、本人の選択により会社の費用負担にて「日帰り人間ドッグ」の受診ができます。何らかの所見が見られた従業員には、産業医や保健師が、直接本人に事後措置の指導や相談を行なっています。

メンタルヘルスケア

従業員の心身両面の健康維持に取り組んでおり、厚生労働省の指針であるセルフケアの実施と産業医またはメンタルヘルスカウンセラーによるフォローを実施しています。また、メンタルヘルスカウンセラーによる「心の相談室」を毎月開催し、希望者による相談を行なっています。

長時間労働の排除

長時間労働排除の取り組みとして、各職場、各人の月間・年間の時間外労働時間の管理や、定時退社日の設定や実行など実施しています。また、有給休暇の全社一斉取得日による年間休日の増加や、有給休暇取得推進のための施策を行なっています。それにより、有給休暇の取得率は、製造業の平均を大きく上回っています。
陽和有給休暇取得率 76.5%、厚生労働省発表製造業平均 55.4% (2016年度実績)

育児休暇の推進など

従業員が仕事と育児を両立させて活躍できる環境づくりを推進しています。産前産後休と育児休暇の取得の奨励や、男子従業員も子供の学校行事への積極的な参加のための有給休暇を取得しやすい風土づくりをめざしています。

ワークライフバランス表彰の受賞

当社の人に関する施策・取り組みが評価され、2012年11月に北九州市より、第6回「北九州市ワークライフバランス表彰」企業団体部門の市長賞を受賞いたしました。
ワークライフバランス表彰の受賞
ワークライフバランス表彰の受賞

その他福利厚生の制度

中小企業退職金共済制度

中小企業退職金共済制度に加入し、会社負担にて退職金を毎月積立。

入院見舞金給付

病気ケガ等で万一の入院、死亡時に給付金が受けられるように、会社負担にてかんぽ生命の簡易保険に加入。

労災上乗せ補償

労災死亡事故の場合、国の保障に上乗せできるように会社負担にて保険加入。

従業員持ち株会制度

勤続年数により従業員持株会に入会し、出資に応じた会社の株主となれます。

エンジョイホリデー制度

従業員の家族旅行に対して、費用の一部を会社が補助します。

財形預金

従業員の財産形成のため給与天引きによる財形預金を行い、加入者に対し、会社から毎年1回利子補給を行っています。