精密切削加工

HOME > 陽和が誇るコア技術 > 精密切削加工

エンジニアリングプラスチックに特化した精密切削加工技術

切削エリアは常に室温を25℃±2℃に管理され、各種エンジニアリングプラスチックの特性に応じた条件で、精密切削加工を行っています。また、形状や精度など、年々厳しくなるハイスペックなご要望にお応えするため、絶えず新たな加工設備の導入や加工技術にチャレンジし、社内の技術レベルの向上に努めています。
当社では、徹底した品質管理体制のもと、小ロット品から量産品まで、精密切削加工にて対応致します。

プラスチック(樹脂)の精密切削加工 温度管理された工場環境

特徴

  • 切削加工品は金型不要で1個から製作可能です。
  • 工場内は、常に室温を25℃±2℃に管理しており、安定した環境で加工を行ないます。
  • 加工設備の豊富なラインナップにより、様々な形状の製品に対応いたします。
  • 3次元CADを使用し、5軸立体加工も対応いたします。
  • フッ素樹脂はもちろんPPやPVCからPI、PEEK、PBIまで幅広い加工実績があります。
お客様のメリット
  • 試作も量産も当社のみの一括発注が可能です。
  • 寸法精度の出しづらい難切削樹脂も高精度な仕上がりにより安心です。
  • 複数穴の勘合部分やエッジ部分はバリの心配は不要です。

事例

フッ素樹脂、PTFE、テフロン製ダイヤフラム  
ダイヤフラム

フッ素樹脂の中でも耐屈曲特性の優れたグレードを選定し、均一で滑らかな薄膜加工を施し、セミコン、分析、食品分野等多くの業界のバルヴ部品として採用されています。

詳細

フッ素樹脂、PTFE、テフロン製べローズ
べローズ

伸縮特性に優れたフッ素樹脂ベローズ。

クリーン要求の高い医療、食品分野等の配管、ポンプ、カバー部品に採用されています。

詳細

医療用プラスチック5軸切削加工
5軸切削加工

3次元CAD-CAMと同時5軸加工により、複雑な立体形状にも対応いたします。

曲面形状等の滑らかな仕上げを得意とし医療器具やノズル部品等の実績があります。

詳細

スーパーエンジニアリングプラスチック セミコン、医療、一般産業分野に実績
スーパーエンジニアリングプラスチック

一般の樹脂をはるかに凌ぐ強度や耐熱性、耐薬品に優れた高機能樹脂。豊富な加工経験を生かし、難切削材を高精度に加工致します。

セミコン、分析装置部品に数多くの実績があります。

詳細

  • お問い合わせ
  • TEL:093-473-3411 本社
  • TEL:03-3474-2233 本社
  • お電話でのお問い合わせはこちら
  • Webからのお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ